本当にお困りなら美白のための薬を

女性の永遠の目標である美白。他の人から「十分白いじゃん!」なんて言われても自分で満足できていないならまだまだ美白を追及してもいいんです!なかなか白い肌にならないとお困りの方は美白の薬を試してみましょう。

美白のための飲み薬や塗り薬

ハイドロキノン、トレチノイン両方成分として入っているメラケアクリーム
美白のために始めやすいのは、飲み薬や塗り薬ですね。今ではたくさんの種類の美白用の薬があるので、何が良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。
飲み薬も塗り薬も、どちらも継続することが大切です。毎日続けやすいように、飲みやすい薬、塗りやすい薬を選んで試してみましょう。
まず飲み薬は、錠剤のものがおすすめです。味が強いものや粉末タイプのものは、やはり飲みにくさがあるので継続しにくくなります。錠剤ならさっと飲めますし、その分継続しやすいのでおすすめです。
たくさんの美白用の飲み薬があるので、成分に注目して飲むものを決めましょう。シミやそばかすに効果があると言われているのは、ビタミンCとL-システインです。この2つの成分が入っている薬が、より美白に効果があるとされています。また、サプリメントよりも医薬品がおすすめです。本気で美白効果を期待したい人は、効能の高い医薬品を選びましょう。
飲み薬と一緒に、塗り薬も始めてみましょう。ここ近年、化粧水や化粧クリームよりも、塗り薬の方が美白効果が高いと言われており、たくさんの女性から注目されています。
傷の塗り薬と同じように、効いて欲しい部分に直接塗ることで、より美白効果が期待できます。この塗り薬も、成分が重要で、買う前にどのような成分が使われているのかチェックしましょう。
おすすめは、トレチノインまたはオールトランスレチノイン酸が入っているもの、そしてハイドロキノンが入っているものです。トレチノインは角質を取りながら皮膚の基底層に働きかけ、肌の再生を促進する効果があります。
ハイドロキノンはメラニン生成を強力に抑え、色素沈着やシミを薄くします。この2つが入っているものは、より美白に効果的です。
飲み薬も塗り薬も、必ず使用上の注意を良く読み、一日の摂取量を守って使用しましょう。

美白になるには日々のスキンケアが大事

これから暖かくなるにつれて増えてくるのが、紫外線量です。紫外線を浴びると人間の体内ではメラノサイトが反応し、メラニン色素をつくります。そして、肌のターンオーバーによってそのメラニン色素を含んだ細胞が肌の表面に浮かび上がってくることでシミが現れます。
そのため、肌を紫外線から守り美白を保つ事は女性たちにとって何より重要な事になります。そのため、紫外線量の多い時期になると美白効果があるとされる化粧品を買い求める女性が多くなります。
しかし、こうした美白を保つためのスキンケアは紫外線量の増える時期に関わらず、一年を通じて行う事が大切になります。それは、紫外線量の少ない季節にこそメラノサイトによるメラニン色素の発生をより防ぐ事ができるためです。また、メラニン色素の発生を抑えるためには日々の食生活や生活習慣も大きく影響してきます。
例えば、ビタミンCを多く含む食品を摂取する事によって、メラニン色素を薄くする効果があります。ただ、ビタミンCは体内に蓄積されないため、習慣的な摂取が必要となります。
また、皮膚の新陳代謝を高める事によってもメラニン色素を排出する事が可能になります。一度、体内に形成されてしまったメラニン色素も肌の新陳代謝が活発であれば、ターンオーバーによって肌の表面に押し上げられても垢としてはがれ落ちていきます。
しかし、そんな肌の新陳代謝を上げるためには日々のスキンケアが大切になります。そのため、毎日洗顔によって古い角質を取り除き、新しい角質がつくられる環境を整える事で肌の新陳代謝を上げる事が重要になります。
また、マッサージを行うことで血行を促進することも新陳代謝を促すことにつながります。
これらことから、美白になるためには一時的なスキンケアよりも日々のスキンケアが何より効果的であると言えます。

美白のための薬とその成分

スキンケアを行って美白の女性

美しい肌の状態を保つためにどんな成分や薬が大切でしょうか。まず美白のために大切なプロセスはメラニンの生成を抑えること、シミを予防し、改善するために栄養を与えることです。これらの働きを高め美白に必要な成分には何があるかを考えましょう。
まず代表的な成分にはビタミンC(アスコルビン酸)があります。この成分はメラニンを抑制する上で重要な働きをしてくれます。メラニンを生み出すメラノサイトに作用し、メラニンが生成されるのを防いでくれます。メラニンを分解する働きもあるのでシミの改善することもできるのです。
肌のハリや弾力性を保つ上で欠かせないコラーゲン生成にもビタミンCは働きます。多くの人に愛用されている薬としてロスミンローヤルがあります。
次に美白に有効な成分はL~システインがあります。この成分はもともと私たち人間の体に存在する成分で爪や髪の毛などの内側から代謝をサポートするアミノ酸の一種です。
日常生活では意識して取り入れないと不足しがちな成分ですのでサプリや薬を通して補給することが大切です。L~システインはシミとなるメラニンを排除する働きをしてくれます。肌の代謝を内側から上げてくれる働きをするのでニキビを防いだり、肌荒れなどの改善にも良い、美白に大きな影響を与える成分ということができるでしょう。
次にN~アセチルシステインがあります。この成分が抗酸化作用があるので喫煙や飲酒などの日常生活からくる細胞への負担を軽減する働きをします。毎日の忙しい生活や仕事のストレスからくる肌への影響は大きいものですが、N~アセチルシステインはそういった内部からくるダメージを最小限に抑えてくれます。
以上の代表的な成分は美白のために欠かせない成分ですので、サプリや薬などを通して意識的に取り入れることが大切です。毎日肌の健康状態に気を配るなら美白を保つことができるのです。

◎美白を手に入れるには、日ごろのケアと医薬品や化粧品の使い方が大切です
美白ケア